AKIのお菓子ブログ

お菓子等の感想、原材料名、栄養価をまったり上げていきます。

雷鳥の里

f:id:sweetsautumn:20210430215624p:plain

長野県の有名なお土産菓子。

悩んだときはこれか、「雷鳥のたまご」ですね。

こちらの方が職場などでは配りやすいかな。

長野県内の高速サービスエリア、道の駅、JRの駅等で売っているようです。

 

実はこれ、近所(関東南部)のOKストアで売っていました。

税込み578円。

コロナ禍で旅行にも行けないので、つい購入してしまいました。

15箱くらいは入荷していたのですが、1~2週間程度で全て無くなってしまいました。

結構高い値段なのに…。皆同じようなことを考えて購入したのでしょうか。

 

f:id:sweetsautumn:20210430215643p:plain

f:id:sweetsautumn:20210430215654p:plain

表面に「雷鳥の里」とうっすらあるのですが、この写真では見えませんね…

f:id:sweetsautumn:20210430215705p:plain

f:id:sweetsautumn:20210430215729p:plain

f:id:sweetsautumn:20210430215741p:plain

f:id:sweetsautumn:20210430215759p:plain

箱には雷鳥カードが入っている。

 

youtubeには、雷鳥の動画がいくつかあります。

その中で私が気に入ったのは

「危険を感じた母鳥がヒナを呼び、おなかにヒナを隠す」というものです。

(実質にはお腹と地面の間の隠す、ですかね)

興味のある方は探してみて下さいね。とても可愛らしいですよ。